読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fallout箱庭DIY

「箱庭DIY」Fallout分室

【Fallout4】Armor Addonで直す装備グラフィック干渉の修正実験



スポンサーリンク

Armorsmith Extended環境下のHazmat Suitと、着込んだ他の装備とのグラフィック干渉の修正を試します。装備自体は外さずに、グラフィックだけを片方消します。Hazmat Suitに限らず他の装備でも応用可。

Hazmat Suit、大好きです。なんかソユーズで今帰ってきたみたいな感じ?(謎)

バニラの顔が見えないバージョンも怪しくて捨てがたい所。

バニラとAEのハズマットスーツ比較

 

FO4Editは使える前提で進めます(どこどこを右クリック・・・みたいな説明は無いです)。使い方知らない人は、Skyrimブログの方のTES5Editの使い方を参照してください。

skmod.hatenablog.com

装備スロットとArmorAddon知らない人には読みづらいかもです。その場合はこちらからどうぞ。

Armorsmith Extended環境下のHazmat Suit

000CEAC4のHazmat Suitです。スロットが大量に開放されているので、アーマーを一緒に着込むことができます!とはいえ元々ごつい装備なので、グラフィック的な干渉が色々発生しそうです。

AEによるスロット開放

バニラからですが、1つの装備で頭と胴がセットになってます。メッシュも分かれている為、Armor Addonが2つ指定されてます。

 

 

バッグMODと服の干渉を修正

装備スロット58番を使って多くのバックパックを追加する、Survivalist Go-Bagsを例に。Hazmat Suitと合わせるとタンクとバッグのグラフィックが干渉してしまいました。

ハズマットスーツとバッグの干渉

Armor Addonを変更して、Hazmat Suitを着ている時はバッグのグラフィックが非表示になるよう変更しました。バッグ自体は装備状態のままなので、持ち運び重量には影響ありません。

 

バッグのArmor Addonです。装備スロットと同じく58番を使用、Priorityは0です。

バッグMODのアーマーアドオン

 

簡単なパッチを作って対応します。Hazmat SuitのArmor Addon(000CEAC3)で58番を塞ぎ、Priorityを上げました。SSでは”10”ですが、消したい装備のPriorityより高ければOKです。

ハズマットスーツのAAでバッグを塞ぐ

何でこれでバッグが非表示になるか?というと、

  1. はじめHazmat Suitの58番は未使用なので、バッグのグラフィック表示権に対しては影響無し。よってバッグとタンク双方が表示され、グラフィックが干渉。
  2. Hazmat Suitの58番を塞ぐと、バッグ同様に58番としてのグラフィック表示権をHazmat Suitも主張。まだ双方共に同じPriority(どっちも0)なので、両方のグラフィックが表示される状態は変わらず。
  3. Hazmat SuitのPriorityを上げることで、58番のグラフィック優先権をHazmat Suitが獲得。よってバッグのグラフィックは非表示に。

こんな流れです。

 

 

アーマーと服の干渉を修正

Armorsmith Extendedのおかげで、Outfitの上からでもアーマーが着られるようになりますが、やはりビジュアル的には微妙感が拭えません。

AEによるハズマットスーツ+アーマー

そこでHazmat Suit装備時には、アーマーと頭装備のグラフィックを非表示に変更しました。こちらもグラフィックが消えるだけで、装備自体は残ります。

ただし頭に装備かぶってるとハゲます。30番の”Hair Top”の装備は、同一Priorityによる二重表示ができないぽい?為。SSのようにHazmat Suitのヘルメットが消える場合があるので、Hazmat Suit側のPriorityを上げて頭装備のグラフィックを消しました。共存させる方法もあるので、そっちは後ほど。

 

前述の通り、Armor Addonが2つあるので注意。まずは胴の方(000CEAC3)から。バッグ対策で58番を塞いだ上で、アーマーのスロットも全部塞ぎました。

※装備スロット側(Armorの方)を塞ぐと、アーマー装備不可になります。作業するのはArmor Addonのスロットです。

ハズマットスーツのAAでアーマーを塞ぐ

これでバッグの時と同じ理屈で、アーマーのグラフィックも消えます。

レコードが赤(競合状態)を示してますが、これはArmorsmith Extendedで1度消したスロットの一部を、次のパッチで復活させた為です。想定通りの変更なので何も問題有りません。つまり、赤くなっていれば必ず悪さしてるとは限りません。自分の目で確かめないとダメよ、って話です。

Pipboyのスロットも埋まってるのですが、体の各部位とピップボーイは、該当部位の装備スロットも使わないと消せないように見えます(Armor AddonのPriorityだけでは消せない、特別扱い?)

 

次に頭の方(0022D214)。こっちはPriorityを上げただけです。

ハズマットスーツ(頭)Priorityアップ

これでスッキリ、Hazmat Suitのグラフィックだけになりました。装備スロット上はアーマーや頭装備はつけたままなので、防御力も安心です。

※ここで30番を空けてしまうと、Hazmat Suitのヘルメットのグラフィックが表示されなくなります。気になる人はこのまま次も読んでみてください。

 

 

頭装備とHazmat Suit用ヘルメットの両立

もうひと手間かけることで、SSのようなArmy HelmetをかぶりながらHazmat Suitを着る、といったことが可能です。ただし、本当にこれで安全なのか保障できないので(他も保障はしないですがw)、特に超自己責任で!

ハズマットスーツとヘルメットの両立

かなり暑苦しそうですよね、これ・・・

 

今さっきのと同じ、Hazmat SuitのヘルメットのArmor Addon(0022D214)です。30番と31番を開放して、46番のみの使用に変更します。Priorityそのままですが、0に戻しても問題無いと思います。

ハズマットスーツ(頭)のAA解放

で、前述の通りなのですが・・・このままだとグラフィックが表示されなくなるだけです。使えません。

 

NifskopeでHazmat Suitのヘルメットを修正します。SSはArmorsmith Extended版です。顔が見えるように透過プロパティが追加されてます。

BSSubIndexTriShapeBlock Detail(下の窓)を見ます。

Sub Segment Data>Sub Segments>Sub Segments(一番下)と階層を降ります。

Nifskopeでハズマットスーツのメッシュ修正

ここに、”Segment/User”というパラメータがあり、この値をArmor Addonのスロット番号に合わせます。今回は46に変更。BSSubindexTriShape毎に設定が必要なので、この場合はNode10とNode16の2つを修正します。済んだらセーブして終了です。

これで頭装備との両立が可能になります!

※ちょっと知識量が乏しいネタなので、受け売りの話半分程度ということで。

これはゴア表現(切断系)で使うpartition設定関連みたいです。Skyrimで使われていたBSDismemberSkinInstanceのpartition番号と一緒ですかね?

僕が遭遇した範囲では、この変更が必要だったのはバニラリソースを使った頭装備(30番)と、指輪(51番)だけです。MOD配布されている物は、オリジナルのメッシュの場合はSub Segmentsが無いと思います(つまり変更の必要無し。複数のdismemberment partitionのメッシュが出力できないらしい?)。CBBEも例外ではない為、導入すると切断系のゴア表現ができなくなるっぽいです。

そういえば、Skyrimでもpartitionsが3つある胴メッシュってバニラだけだったかも?

 

メッシュ関連のチュートリアルに興味ある人は、以下のリンクをどうぞ。

Creating an armour for Fallout 4. Part 1 - Nexus Wiki

 

すいません、ちょとスロットから脱線しますが続きます。

次回はArmor Addonではなく、メッシュ、テクスチャ、マテリアルファイルを使って修正します。

 

Copyright © 2015 Fallout Hakoniwa DIY All rights reserved .

S.kutsumiya@gmail.com